C言語 入門 printfの使い方をまるっと解説します!

C言語 printfの使い方C Language
<strong>C言語のprintf関数を調べている人</strong>
C言語のprintf関数を調べている人

C言語のprintf関数について詳しく知りたいな。どこのサイトを見てもよく分からないな…

分かりやすく解説して欲しいです…😥

今回は、printfについて解説します。

本記事の内容

・C言語 printf関数とは?

・printf関数の使い方を簡単に解説

・printf関数の応用編

この記事を書いている自分は情報系大学生で、三ヶ月ほどでC言語の基礎を完璧に理解しました。勉強中に分からないことが多く、一日中プログラミングしていたこともあります。

今では、ブログでC言語について解説しています。

今回はそんな経験をもとに解説していこうかと。

printf関数の解説前に、C言語の学習を始めるには「Visual Studio」をダウンロードする必要があります。

前回の投稿で、Visual Studioの基本的な使い方について掲載したので、まだ見ていない方は先にそちらをご覧ください。

それでは、解説していきます!

C言語 printf関数とは?

printf関数とは、「文字」や「数字」、「文字列」などあらゆるものを出力するためにある関数です。

printf関数はprintfと省略して呼ばれることが多いですね。printfだけでなくて、その他の関数もこのように省略して呼ばれています。

printfを使用した簡単なプログラム

#include<stdio.h>
int main()
{
	printf("Hello World!");
}

これがprintfを使用したプログラムの中で最も簡単なプログラムですね。

#include<stdio.h>

の部分は

stdio.hというヘッダーファイルをインクルードする

という意味ですね。

printf関数を使用する際に必要になります。

と言っても、ちょっと良く分からないと思います。今の段階では気にしないでOK

次に、

int main( )

{

}

の部分はメイン関数と呼ばれるものです。

メイン関数も語尾に「関数」という文字列が付きますが、printf関数とは全く異なります。

プログラムを書く際に絶対必要なもので、printf関数などの関数はこのメイン関数の中に書きます。また、一つのプログラムに一回までしか使用できません。

最後に、そのメイン関数の中にある

printf(“Hello World!”);

ですが、これがprintf関数です。

今の段階では、「”」(ダブルクオーテーション)の間に文字を入力することで、その文字が出力されるんだなという解釈でOK

そのうち、「”」(ダブルクオーテーション)の外に変な文字列を書くことが出てきますよ~

大体こんな感じですね。このプログラムを実行すると、「Hello World!」の文字列が出力されます。

【C言語 入門】printfの応用編

次に、改行コードを使ってプログラムを書きましょう。改行コードとは改行するためのコードです。「¥n」もしくは「\n」で表します。このサイトでは、「¥n」使って表しています。

改行コードを使って、先ほどのプログラムをアレンジしてみます。

試しに「Hello」と「World!」の間に改行コードを入れてみましょう。

#include<stdio.h>
int main()
{
    printf("Hello¥nWorld!");
}

具体的な使い方はこんな感じです。¥nはダブルクオーテーションの中ならどこにでも書けますし、何回でも改行することができます。

Hello World!

そして、出力結果がこちらです。

「Hello」と「World!」の間に改行コードを入力すると、出力結果の画面では「Hello」の直後で改行され、2行目に「 World!」が表示されます。

自分で好きな文章を考えて「¥n」を途中に挟むなどを繰り返して完璧になるまで覚えましょう!

ちなみに、工夫すればこんなこともできます。

#include<stdio.h>
int main()
{
	printf(" _____¥n   |¥n");
        printf("   |¥n   |¥n");
}

出力結果はこんな感じです。

printfで書いたT

このように工夫次第で色々なものを書けます。

まとめ:printfの使い方をまるっと解説します!

Visual Studio C言語 printfの解説

どこのプログラミングスクールでC言語の勉強を始めても、「printf関数」や「改行コード」からスタートすることになるので、必ず押さえるべきポイントです。

今回は、以上です!

このサイトでは、C言語を誰にでも分かるように解説しています。

次は、C言語での計算方法を学習してみましょう。

ではでは~👋