Spotifyの通信量を1ヶ月に1GB減らすコツを解説

Spotifyの通信量を減らすコツSpotify
<strong>Spotifyを使っている人</strong>
Spotifyを使っている人

スマホの通信量を減らしたいんだけど、Spotifyの割合が多いな。

1ヶ月に1GB減らせたらいいんだけど…

こちらの悩みを解決しますね。

本記事の内容

・通信量を決める3つの基準

・通信量を減らすコツ

・帯域幅の使用量を抑える方法

・有料プランだと通信量が減る話

この記事を書いている自分は、Spotify歴2年程です。

最近は、音楽アプリに関することをブログで解説しています。

≫【簡単】Spotify無料プランの使い方を3つだけ解説

自分もSpotifyを愛用しているので、この記事を書いています。

それでは、詳しく説明していきます。

Spotifyの通信量を決める3つの基準

通信量を決める3つの基準

  • 再生時間
  • ダウンロードの有無
  • 音質

Spotifyで音楽を再生するときは、以上の3つが通信量に影響していきます。

上から順に解説していきますね。

再生時間

まずは、再生時間ですね。

これは重要なことですが、通信量は再生時間に比例します。

たとえば、

  • 10分の再生
  • 60分の再生

下は、上の6倍ということになりますね。

ですが、曲をダウンロードしている場合は、再生時間と通信量が比例しません

ダウンロードの有無

Spotifyの曲をダウンロードすることで、通信量をゼロにすることができます。

曲のダウンロードは有料プラン限定の機能ですが、無料体験でも使うことができます。

下の記事が役立つと思うので、どうぞ。

≫【簡単】Spotifyの無料期間を30日に延ばす方法

ここで注意して欲しいのは、ただダウンロードするだけでは通信量をゼロにならないということです。

アプリでオフラインを設定する方法は、

Home>設定>再生

の順番で開いて、「オフライン」をオンにしましょう。

これで通信量が0になります。

音質

最後に、音質ですね。

Spotifyでは

Home>設定>音質

の順番で画面を開くと、音質を設定することができます。

「そんなに変わらないんじゃないの?」と思うかもですが、下の表をご覧ください。

音質5分1時間
低音質約1MB約10MB
標準音質約3MB約40MB
高音質約6MB約70MB
最高音質約13MB約150MB

5分での再生でも大きな差が出ていますが、1時間経つと140MBの差が出てきます。

正直言うと、Spotifyの音楽は低音質でも最高音質でも変わらない気がします。

(実際に聴いてみるとよく分かると思います)

Spotifyの通信量を減らすコツ

次は、先ほどの3点を元に、通信量を減らすコツについて説明していきます。

もちろん、

  • WiFiを使う
  • 再生時間を減らす

のようなことをすれば通信量は減りますが、それ以外の3つに的を絞ります。

Spotifyの通信量を減らすコツ

  • データ節約モードを設定する
  • 曲のダウンロードをする
  • 連続再生モードを使用する

上から順に解説していきますね。

データ節約モードを設定する

Home>設定>データ節約モード

の順番で開くと、データ節約モードの設定ができます。

データ節約モードの機能は大きく分けて以下の2つです。

  • 低音質に設定
  • Canvasを無効にする

1つ目は先ほどの説明通りで、低音質に設定すればその分データ節約ができます。

2つ目はCanvasを無効にするという機能です。

※Canvasとは、曲の再生中に表示される「ループ映像」のことです。

ほとんどの場合、曲の再生中にアルバム写真のようなものが表示されますが、中にはCanvasが表示される曲もあります。

データ節約モードは、低音質に設定し、Canvasを無効にすることでデータ節約ができるのです。

曲のダウンロードをする

また、通信量を限りなく0にしたいなら、有料プランに加入して曲のダウンロードをしましょう。

大学生であれば月々480円なので、有料プランに加入してデータ節約ができれば、お金の節約にも繋がります。

まずは、無料体験から始めてみましょう。

無料期間を30日に延ばす方法もあるのでどうぞ。

連続再生モードを使用する

ここからは、曲のダウンロードをすでにした方向けの話です。

曲を再生していると、知らない曲がいきなり流れてくることってないですか?

新しくて自分の知らない曲に出会えるのは良いことなのですが、ダウンロードしていない曲が流れると通信量が増えてしまいます。

これを無くすためには、2つの方法があります。

1つ目は、プレイリストを作り、プレイリスト内の曲を増やすという方法です。

これについては、下の記事で詳しく解説したのでご覧ください。

≫Spotifyのプレイリストで違う曲が流れるのを防ぐ方法

2つ目は、連続再生モードを使用するという方法です。

連続再生モードの設定手順は以下の通りです。

連続再生モードの設定手順

  1. 連続再生したい曲を再生
  2. 曲の再生画面を開く
  3. 右下の🔁をクリック

左下の画像のように➊が付いて、色が変わっていればOK

何回かクリックしても➊が付かないときもありますが、その場合は右下のように表示されればOK

これでダウンロードされていない曲は流れません。

Spotifyの帯域幅の使用量を抑える方法

帯域幅 (データ転送容量)

Spotifyアプリは、お使いのデバイスが対応するネットワーク帯域幅 (データ転送容量) を使って、バッファリングせずに音楽を再生します。

以下の方法で帯域幅の使用量を抑えられます。

・インターネットを使用するSpotify以外のアプリケーションをすべて閉じます

・Premiumユーザーの場合は、音楽をダウンロードしてオフラインモードで再生します

・Web Playerを使用します

参考:Spotifyのホームページより

上の通りで、

  • インターネットを使用するSpotify以外のアプリケーションをすべて閉じる
  • Premiumユーザーの場合は、音楽をダウンロードしてオフラインモードで再生
  • Web Playerを使用

という3つの方法で、帯域幅の使用量を抑えることができます。

  • 途中で音が途切れてしまう
  • 回線が弱くて、全く再生されない

などの問題が発生したら試してみましょう。

おまけ:Spotifyの有料プランだと通信量が減る話

ここまで読んでみると、有料プランでしかできないことが多いということが分かったかと思います。

下の記事の通り徐々に無料版の制限は減ってきていますが、それでもまだ有料版でしかできないことが多いです。

≫【事実】Spotify 無料版の制限が徐々に減っている…

試しに無料体験をして、どれだけ通信料を減らせるか検証してみるのもありでしょう。

人によっては、有料プランに加入した方が安く上がるはずなので。

≫【裏技】Spotifyの無料期間を30日に延ばす方法

今回は以上です!

この記事で紹介した3つのことを抑えておけば、1ヶ月に1GB減らすことも可能ですよ!

無料プランに加入している皆さんは、下の記事をどうぞ。

ではでは~👋