【目安】ゲームで回線速度だけ気にしていたら“既に負け“な話

ゲームのマスコット マリオWi-Fi
<strong>ゲームで結果を出せていない人</strong>
ゲームで結果を出せていない人

また負けた!!家の回線速度が遅すぎるからだ!

というか、回線速度の目安ってどれくらいなんだよ!

このような経験はありませんか?

結論から言うと、回線速度だけを気にしていたら”既に負け”。なぜなら、他にも重要な要素があるから。

ゲームで勝つための条件

  1. 回線速度を50Mbpsまで上げる
  2. ping値を10ms以下にする
  3. 最新機器を使用する
  4. Wi-Fi中継器を使用する
  5. 充電しながらプレイする

今回は、これらについて詳しく説明していきます。

本記事の内容

・ゲームで勝つための条件を解説

・まとめ:ゲームで回線速度だけ気にしていたら“既に負け“な話

自分は大学生(情報学部)で、今までゲームをいくつものゲームをやってきました~

現在はプログラミングやサイト運営を行っていますが、過去にCODというゲームで「レジェンドクラス」を達成。

COD レジェンドクラス

これを達成するのは割と難しいので、ある程度の信頼に繋がるのでは?

それでは、詳しく説明していきますね~

回線速度を50Mbpsまで上げる

そもそも、回線速度には2種類あるって知っていますか?

  1. 上り(アップロード)
  2. 下り(ダウンロード)

それぞれ詳しく解説します。

上りとは?

上りとは、使用しているサービスのサーバーに情報をアップロードする際に使用する回線速度。長くて分かりづらいと思うので、SNSで画像や文章を投稿する際に使用するものだと思ってOK。

また、ゲームでも自分がアクションを起こしたら、その情報を相手に送る必要があるので重要な数値と言えますね~

下りとは?

下りとは、使用しているサービスのサーバーから情報をダウンロードする際に使用する回線速度。長くて分かりづらいとおもうので、SNSで他の人の投稿を閲覧する際に使用するものだと思ってOK。

また、ゲームでも相手がアクションを起こしたら、その情報を受け取る必要があるので重要な数値と言えますね~

上りと下りどっちが重要?

結論はどちらも重要。ゲームをプレイするとしたらどちらも必要になることを上で説明した通り。

とは言え、最低でも下りを50Mbps、上りを10Mbpsまで上げましょう。これは目安ですが、せめてこのくらいは必要という意味になりますね~

なんで下りと上りで5倍近くも差が出るの??🤔

と思った方はいますか?

これには、ダウンロードする際の情報量が関係していますよ。

どちらがデータ量を多く使うでしょうか?

・あなたが銃を撃つ

・あなた以外の99人が銃を撃つ

例えば、荒野行動やPUBGなどのFPSゲームの場合上の二つのような動作がありますよね。この場合、どう考えても下の「あなた以外の99人が銃を撃つ」時の方がデータ量は多いですよね。つまり、それだけ下りの値が必要になるということ。

なので、最低でも下りを50Mbps、上りを10Mbpsまで上げましょうということになります。

ping値を10ms以下にする

重要なのは回線速度だけではありません。ping値って知っていますか?

ping値とは、一回の送受信するのにかかる時間のこと。

少し極端な例ですが、下の画像をご覧ください。

どちらの方が速そうですか?明らかに、ジェット機の方が速いですよね。ping値は、「自分の使用している端末」と「ゲームを管理しているサーバー」との間をどれだけの時間で移動できるかという事になりますね~

つまり、ping値は短い方が良いということになりますね。目安として、10ms以下を目指しましょう。

最新機器を使用する

ゲームでお金をかけてでも購入すべき最新機器は以下の2つですね。

・LANケーブル

・端末

LANケーブルから解説しますね。

LANケーブル

LANケーブルを使用することで、無線接続よりも速くなると言われていますが、重視すべきは「性能」ですよ~

なぜなら、LANケーブルを使用していても性能が悪いと意味がなくなってしまうから

現在最新のLANケーブルは、カテゴリ8ですよ。40Gbps程の通信が可能になると言われていますよ~

これらのことを考えると、今買うべきLANケーブルは「カテゴリ8」であることがわかりますよね。

端末

そして、LANケーブルよりも重要なものは「端末」ですよ。なぜなら、使用する端末によって一定時間で処理できる情報量が異なるから

PS5やXbox、switchなどを使用しているなら、ここは気にしないでいいですよ~

けど、スマホゲームなら話が違ってきますね。スマホの場合、端末によって使用できる機能がかなり異なりますね。

自分のオススメは、iPhone8ですね。

iPhone8の良いところ

  1. 処理速度が速い
  2. 3Dタッチ機能が便利
  3. コスパ最強

まず何と言っても、処理速度が速いですね。FPSをやるには十分すぎる。

そして、3Dタッチ機能を使用して射撃ができるので、他の端末よりも圧倒的に速く打つことができるんですね。

さらに、コスパ最強ですよ。2万円台なので、一週間バイトするだけでiPhoneが購入可能

Wi-Fi中継器を使用する

Wi-Fiが別の部屋にある状態でゲームをするなら、Wi-Fi中継器の購入は必須ですね。この辺は、新しいものなら特に性能の差はないですね~

あえて言うなら、安くて保証付きのものを選びましょう。動作しない時や効果が無いときに返金してもらえるので安心。

充電しながらプレイする

これは意外と重要ですね。長時間プレイしていると、充電って直ぐになくなりますよ。充電が残り1%になると急激に動作が遅くなるんですよね。よって、プレイ中の充電は必須。

PS4やswitchなどのゲーム機はそれが可能なので問題無しですね。ただ、スマホユーザーはこの辺に注意しましょう。

最近のiPhoneでは、充電をしながらイヤホンの使用ができないのですよ。もちろん、ワイヤレスイヤホンを使えば問題ないのですが音のラグを考えると、できるだけ避けたいですよね。

こういう場合は、ワイヤレス充電器がオススメですよ。有線のイヤホンを使用していても充電できるので便利

まとめ:ゲームで回線速度だけ気にしていたら“既に負け“な話

ゲームをプレイしいている人

長くなったので、まとめますね。

ゲームで勝つための条件

  1. 回線速度を50Mbpsまで上げる
  2. ping値を10ms以下にする
  3. 最新機器を使用する
  4. Wi-Fi中継器を使用する
  5. 充電しながらプレイする

これらの条件が全て整ったら、ようやくゲームで勝つことができるんですね。もちろん、ある程度はゲームの技術が求められますよ~

結論をもう一度言うと、ゲームで回線速度だけ気にしていたら“既に負け“。

今の時代、回線速度だけで勝負している人たちは、”オワコン”ですね。とりあえず、自分が今できることを少しづつこなしましょう。

今回は、以上です~

ではでは~👋