C言語 入門 putsの使い方と簡単なサンプルコード

文字の集まり putsC言語
putsを勉強したい人

C言語のputsを勉強したいな。

printfみたいに出力ができる関数だって聞いたんだけど、どんな違いがあるんだろう。

こちらの悩みを解決しますね。

この記事を書いている自分は、一日中プログラミングしていた過去がありました。現在、そこで学んだC言語について解説中です。

✔本記事の内容

・putsとは?(使い方も解説)

・putsを使うときの注意点(printfとの違い)

・putsのサンプルコード

putsの本質的な部分も解説します。

しっかり理解しましょう。

putsとは?(使い方も解説)

✔putsの特徴

  • 変換書式を使わない
  • 文字列の最後で改行する

putsとは、変換書式を使用せずに文字列を出力することができる関数です。また、文字列の最後に改行コードが自動的に出力されます。(毎回、出力後に改行されるってことですね。)

たとえば文字列の代入された配列strの場合、

puts(str);

のようにして出力します。

putsを使うときの注意点

putsのprintfとの大きな違いは、変換書式を使うことができないところです。

(この違いはかなり大きいです…)

#include <stdio.h>

int main()
{
	char str[20]="Hello world!!!!";
	puts(str);

	printf("%s", str);
}

この場合、printfとputsの出力は同じで、

違いなんて無いんじゃね?

と思う方がたくさんいるかと思います。

では、仮に文字列が2つの変数に分裂していたらどうでしょうか。

#include <stdio.h>

int main()
{
	char str1[10]="Hello";
	char str2[10]="world!!!!";

	puts(str1);
	puts(str2);

	printf("%s %s", str1,str2);
}

putsはprintfのように変換書式を使用できないので、printfのような書き方はできません。

出力すると、

Hello

world!!!!

Hello world!!!!

printfで出力すると期待した通りの出力ができますが、putsで出力すると期待外れな結果になることがあります。

このような場合、strcpyを使って文字列の連結をしてから出力しましょう。

いずれにせよ、

printfの方が融通が利くから…

putsは変換書式を知らなくても出力できるから…

のようにして決めるのではなく、きちんとした使い分けが重要です。

putsのサンプルコード

#include <stdio.h>
int main()
{
	char str[20]="Hello world!!!!";
	puts(str);
}

恐らく、これが最も簡単なプログラムですね。

Hello world!!!!

と出力されます。

変数宣言と代入を一緒にしていますが、この方法っを知らない人は覚えましょう。

下の記事で詳しく解説しています。

まとめ:putsの使い方と簡単なサンプルコード

putsで出力する様子

putsの使い方と簡単なサンプルコードについて説明しました~

特徴は以下の通りです。

✔putsの特徴

  • 変換書式を使わない
  • 文字列の最後で改行する

今回は以上です!

次は、getsについて勉強しましょう。

ではでは~👋