Visual Studio 保存場所はここ!

ファイル保存先プログラミング
Visual Studioのファイル保存場所を知りたい人

Visual Studioでファイルの保存場所がどこか分からないなー。

途中保存して、後でその続きをしたいんだけど…

こちらの悩みを解決しますね。

結論から言うと、Visual Studioのファイルを後から開くには以下の2つのどちらかを開けばOK

Visual Studioのファイル保存場所

  • 【プロジェクト名】.sln
  • 【プロジェクト名】.vcxproj

とはいえ、これだけの説明だと足りないと思うので、後ほど詳しく解説します。

※プロジェクト名は、プロジェクト作成時に付けた名前です。

プロジェクト名?

何それ??

美味しいの!?

という人は、下の記事を参考にしてください。

この記事を書いている自分は情報系大学生で、三ヶ月ほどでC言語の基礎を完璧に理解しました。勉強中に分からないことが多く、一日中プログラミングしていたこともあります。

今では、ブログでC言語について解説しています。

今回はそんな経験をもとに解説していこうかと。

それでは、解説していきます!

Visual Studioで保存場所を決めよう

まずは、Visual Studioでプロジェクトを作成して、プログラムを実行しましょう。これについては過去に解説しているので、参考にしてみてください。

この時、ファイルの保存場所を指定します。(ドキュメントに保存すると見つけやすいのでおすすめ

そして、プログラムを作成しましょう。

未完成の状態でもOKなので、ファイルを上書き保存しましょう。Ctrl+S」で上書き保存できます。

もしくは、

左上にある「ファイル」をクリック

【ファイル名】.cppの保存をクリック

でもできます。【ファイル名】の部分は自分で決めたものになります。

画像で表すとこんな感じです。黄色の部分をクリックましょう。

これができたら、✖をクリックしてVisual Studioを閉じてOKです。

【Visual Studio】保存場所は分かったけど、ファイルはどれ?

ここまで見た方は、ファイルの保存と上書き保存までは完璧だと思います。

では、ここからはそれらの保存したファイルを開く方法を教えます。

Visual Studioでファイルを保存するとフォルダが生成されて、中身はこんな感じです。

なんか色々あってよくわからないかと思うので、結論から言います。

Visual Studioのファイル保存場所

  • 【プロジェクト名】.sln
  • 【プロジェクト名】.vcxproj

この2つのどちらかのファイルを開きましょう。(【プロジェクト名】は自分で作ったプロジェクト名のことです。)

どちらを選んでも問題ないですが、僕は「.vcxproj」の方を選んでいます。

Visual Studio 保存場所に2つのファイルがある理由

「.sln」と「.vcxproj」は単に同じ役割をするファイルではありません。それぞれ別の役割があります。

拡張子名前プロジェクトとしての使用ソリューションとしての使用
.slnプロジェクト・ソリューション・ファイル
.vcxprojプロジェクト・ファイル×

どちらのファイルもプロジェクトとして使用できますが、ソリューションを使用できるのは「.sln」だけです。

プロジェクトとソリューションの違い

「プロジェクト」と「ソリューション」という言葉がよく分からない方もいるかと思うので説明します。

プロジェクトとは、プログラムに必要なファイル(画像やテキストデータなど…)を管理するためのものです。

Visual Studioだと最初に「新しいプロジェクトの作成」という画面で作っているかと思います。

逆に、ソリューションとは、1 つ以上のプロジェクトをまとめるためのものです。

何かしらのアプリを作るときに、色々なプログラミング言語を使用しますが、その時に必要になりますね。

で、プロジェクトを作成すると自動的にソリューションに含まれることになります。

なので結論は、1つだけしかプロジェクトを使用していない人は、どちらも同じだと思ってもらって大丈夫です。

「Visual Studio 保存場所はここ!」のまとめ

今回はVisual Studioで作成したファイルの保存方法と、どのファイルにプログラムが保存されているか?について解説しました。

繰り返しになりますが、保存場所は「.sln」と「.vcxprojになります。Visual Studioでプログラミングをやる人は覚えてください。

今回は以上です!

こんな感じでこのサイトでは普段、プログラミングについての情報を発信しています。

C言語に興味がある人は下の記事をどうぞ。

ではでは~👋