Python printでの変数の使い方と注意点

Python ロゴ マークPython
printで変数を使いたい人

print関数の中で変数を使いたいな。

変数に入力された値を出力する方法について詳しく知りたい…

こちらの悩みを解決しますね。

本記事の内容

・printでの変数の使い方

・printでの配列の使い方

・変数の少し変わった使い方

・予約語について

この記事を書いている自分は、プログラミング歴4年の駆け出し以上中堅未満のエンジニアです。

過去には、AI囲碁をWebアプリ化したり、Pythonでのアプリ開発、Web制作やフロントエンドのデザインまで幅広くやってきました。

今回はそんな経験をもとに解説していこうかと。

当サイトでは、覚えるべきところを全てまとめているので、画面を撮影して何度も読み返すことをおすすめします。

それでは、解説していきます!

printでの変数の使い方

実例を見せる前に「変数とは何か」ということを説明します。

変数とは

変数とは、数字や文字、文字列などを一時的に保存するためにある「箱」のようなものです。

変数を使うことで、何回も使う値をプログラムに覚えてもらうことはもちろん、後から中身を変更して上書き保存することもできます。

数値なら「number」、名前なら「name」といった具合です。

原則として、どの変数に何の値を入れたか、わかりやすく変数名をつけるのが一般的です。

(例:数値を代入するなら「number = 89」のように、変数の中に数値が入っているのかをわかりやすくする、など)

変数名を付けるときの注意点

変数名をつける際には、以下の点に注意してください。

変数名を付けるときの注意点

  • 使用できる文字は、アルファベットのA~Z(小文字含む)0〜9までの数値 、アンダーバー(member_name、など)、日本語(漢字推奨)である
  • 最初の文字に数値は使用できない
  • 最初の文字にアンダーバーは使用できるが「__main__」や「__self__」など特殊な用途で使用されているケースが多く、通常での用途としては非推奨である
  • 大文字と小文字は区別される
  • 予約語を使うことはできない

予約語については、後ほど解説しますね。

Pythonで変数を使うときに覚えておくべきこと

また、変数を使う時は下の3つを覚えておきましょう。

Pythonで変数を使うときに覚えておくべきこと

  1. 変数宣言は要らない
  2. 変数に値を代入するだけで使える
  3. 変数に代入できる値は一つまで

上から順に解説していきますね。

1つ目は、「変数宣言は要らない」ということです。

JavaやC#と同じように、変数宣言しなくても変数を使うことができるというのは、Pythonの特徴の一つです。

2つ目は、「変数に値を代入するだけで使える」ということです。

変数宣言は必要ないですが、代入は絶対に必要です。

このようにして書けば、printの出力により「Ken」と表示されます。型の宣言も不要です。

3つ目は、「変数に代入できる値は一つまで」ということです。

つまり、文字列を保存するには、変数がその文字数だけ必要になるということですね。

変数への代入を何度も続けるのは大変なので、効率化するために「配列」という変数の進化系みたいなものがあります。

printでの配列の使い方

配列とは、1つの変数の中に複数の値を一時的に保存するためにある「箱」のようなものです。

その内の一つである「リスト」について一つ一つ見ていきます。

    num_list = [1, 2, 3]
    print(num_list)

上の結果は

となり、変数に格納した数値が出力されました。

また、リストの要素はインデックスを用いて参照します。例を挙げてみましょう。

    sample_list = [1, 3, 6]
    print(sample_list[0])
    print(sample_list[2])
    print(sample_list[1])

結果は

となり、インデックス[ ]の番号順(0→2→1)に並んでいます(プログラミングでは0が一番初めの数値となります)。

変数の少し変わった使い方

ここまで変数のルールを一部見てきましたが、ここで変数の少し変わった使い方などを紹介したいと思います。

変数の少し変わった使い方

  • 文字列の途中で変数を挿入する
  • 後から変数に代入された値を変える

文字列の途中で変数を挿入する

まずは、「文字列の途中で変数を挿入する」です。

文字列の途中で変数を挿入するには、下の2つを守りましょう。

文字列の途中で変数を挿入する方法

  • Python3.6以降を使用する
  • printの文字列を囲っているクオーテーションの前に「f」または「F」を付ける
  • 文字列の途中で挿入したい変数を波カッコで囲う

まず、Python3.6以降でないとf-stringsという「フォーマット済み文字列付きリテラル」を使用できない(文字列の途中で変数を挿入する)のでご注意下さい。

具体例を出していきましょう。

    foo = 'Hello'
    bar = 'world'
    print(f'Message:{foo},{bar}')

実行すると、以下のようになります。

後から変数に代入された値を変える

また、「後から変数に代入された値を変える」ということも可能です。

以下のようなコードがあったとします。

    foo = 'Hello'
    bar = 'world'
    print(foo + bar)
    bar = 'Python'
    print(foo + bar)

このように、後から変数を変えた場合、その後に出力される文字列を変えることもできます。

予約語について

ここまで変数の基礎的な使い方の説明をしてきましたが、最後にもう一つ、予約語について説明したいと思います。

予約語とは、PHPやJavaなど他の言語にもあるのですが、最初からpythonにおいて役割が決まっている関数などが対象で、”def” , “import”, “return”などがあります。

具体的に紹介すると、以下の33語がpythonの予約語です。

  • False
  • None
  • True
  • and
  • as
  • assert
  • async
  • await
  • break
  • class
  • continue
  • def
  • del
  • elif
  • else
  • except
  • finally
  • for
  • from
  • global
  • if
  • import
  • in
  • is
  • lambda
  • nonlocal
  • not
  • or
  • pass
  • raise
  • return
  • try
  • while
  • with
  • yield

これらの文字は既に他の役割をもつため、変数として利用することができません。

そのため、Pythonでは以上の語句を避けて変数を用いることにしましょう。

まとめ:printでの変数の使い方と注意点

今回は、printでの変数の使い方について解説しました。

文字列の途中で変数を挿入する方法は、特に難しいのでもう一度確認しましょう。

文字列の途中で変数を挿入する方法

  • Python3.6以降を使用する
  • printの文字列を囲っているクオーテーションの前に「f」または「F」を付ける
  • 文字列の途中で挿入したい変数を波カッコで囲う

下のような具体的なプログラムも覚えておくと良いでしょう。

    foo = 'Hello'
    bar = 'world'
    print(f'Message:{foo},{bar}')

次は下の記事をどうぞ。