C言語 入門 マクロの使い方を0から解説

C言語 グローバル変数 マクロC言語
マクロについて調べてる人

マクロを使えば、プログラムを速く書くことができるって聞いたんだけど…

そもそも、マクロがどういうものか分からないから説明して欲しい。

こちらの悩みを解決しますね。

✔本記事の内容

・マクロとは?

・マクロを使ったサンプルコード

この記事を書いている自分は情報系大学生で、三ヶ月ほどでC言語の基礎を完璧に理解しました。勉強中に分からないことが多く、一日中プログラミングしていたこともあります。

今では、ブログでC言語について解説しています。

今回はそんな経験をもとに解説していこうかと。

当サイトでは、覚えるべきところを全てまとめているので、画面を撮影して何度も読み返すことをおすすめします。

マクロを使うとバグ対策にもなり、便利なので使いこなせるようにしましょう。

それでは、解説していきます!

スポンサーリンク

マクロとは?

マクロとは、プログラム中の文字列を決まった法則で変換する機能のことです。

変数とマクロは似ていますが、マクロは「文字列を決まった法則で変換する機能」であって、両者は別物であることを理解してください。

#define [文字列] [変換法則]

とメイン関数の手前に記すことで、プログラム中にある文字列を変換することができます。([変換法則]の部分は数字でもOK)

具体例#define N 20

また、マクロを定義することをマクロ定義と言います。

実際にサンプルコードを見てみましょう。

マクロを使ったサンプルコード

三角関数のプログラムを使って解説していきます。

三角関数の詳細は下の記事をどうぞ。

≫C言語 入門 三角関数と逆三角関数を0から解説

#include <stdio.h>
#include <math.h>
#define RAD theta/180*3.1415

int main()
{
	float theta=123.45678;

	printf("sin%f°=%f\n", theta, sin(RAD));
	printf("cos%f°=%f\n", theta, cos(RAD));
	printf("tan%f°=%f\n", theta, tan(RAD));
}

マクロ定義を使って、角度の単位をrad(ラジアン)に変換しています。

複数の値を代入できないという点では変数と同じですが、ある法則に従って変換するという機能は変数にはありません

まとめ

マクロを使うことで、簡単にプログラムを書くことができますし、プログラムを少しだけ変更するときに、間違って一部だけ変更し忘れるということがなくなります。

そのため、バグ対策にもつながって一石二鳥です。

使えると思ったときは、なるべく使うように心がけましょう。

今回は以上です!

次は、グローバル変数を勉強してみましょう。

関数と一緒に使うと便利な変数です。

≫C言語 入門 グローバル変数について0から解説!

ではでは~👋