プログラミング力を伸ばすには:「読み方」を知る

Programming

プログラミングで読み方を知ることって重要なの?

プログラミング力が最近伸びない…

この記事を読めば、これらの悩みを解決できます。「読み方」を覚えれば得すること3つ、「読み方」を覚えるコツも紹介します。

プログラミング力が伸びない理由とは?

突然ですが、「プログラミング力が伸びない」という悩みの大半は、「記号の読み方が分かっていない」が原因です。

理由は、読み方を分かっていないと論理的思考が難しくなるからです。

これについて詳しく解説します。

プログラミングが論理的思考を必要とするのは、皆さんご存知かと思いますが、読み方を分かっていないと、論理的思考が難しくなるというのは本当でしょうか?難しい話なので、分かりやすい例を出します。

たとえば英語の勉強でも「読み方が分からない」が理由で、全くできないという現象がよく起こります。英文を読んでいるときに分からない単語があると、途中で止まってしまうことがありますよね。

読み方を分かっていないと、論理的思考が難しくなるというのは事実なのです。

プログラミングで「読み方」を覚えれば得すること3つ

プログラミングで「読み方」を覚えれば得することが、3つあるので紹介します。

論理的思考がスムーズになる

②他の人とのコミュニケーションがうまくいく

③誤解が減る

上から順に解説します。

①は先ほど紹介した通りです。

②は多分、分かるかと思います。正しい読み方を覚えていればお互いに会話しやすくなるので、結果的にコミュニケーションがうまくいきます。

③は、わからないと思うので、先ほどと同じように英語の勉強を例に解説します。

たとえば英語には「difficult」と「different」という単語がありますが、少し似ていますよね。読み方を覚えずに、どちらかを「diff」で始まり、「t」で終わる単語として覚えてしまうと、英文を読むときにものすごい誤解が発生します。

プログラミングでも同じように、正しい「読み方」を覚えていないと、こういった誤解が発生してしまいます。気を付けましょう。

プログラミングで「読み方」を覚える際のコツ

プログラミングでは、まず「意味」や「使い方」を理解する前に、「読み方」を知ることが重要です。

解説を読む際にもスムーズに読めますし、会話での解説を聞く際にも理解に支障がなくなります。

「読み方」を覚える際は、漢字練習のように紙に書く必要は全くありません。一回黙読して、「意味」や「使い方」を覚えたら、後はひたすらプログラミングの練習をすれば、自然と脳内に定着します。

読み方を途中で忘れてしまったら、もう一度読み方を調べて黙読しましょう。

まとめ

プログラミングで「読み方」が重要なことが分かりましたか?たった一瞬で読み方を確認するだけで、他の人との差は歴然となります。まだ、これから新しいプログラミング言語を勉強しようと思っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

また、C言語の解説を初心者向けにしたので、こちらの記事も参考にしてみてください。